ダイビングコートのあれこれ

沖縄本島から周辺の離島に向けてのダイビングも人気があります。特に那覇から近い慶良間諸島は、豪華クルーザーを売りにしているツアーがたくさん催行されています。大型のクルーザーは、外洋の波を受けても安定性がいいので女性客に人気があります。
クルーザーには、大きく分けて3つのタイプがあります。エンジンが船内にあって、直接シャフトでスクリューを回す船内機船。スターン・ドライブと呼ばれる船内エンジンからドライブユニットを伝わってスクリューを回転させるタイプ。船体後部にエンジンを取り付けて走る船外機船の3タイプです。
それぞれ特徴がありますが、豪華クルーザーに多いタイプは、船内機船です。500馬力以上のエンジンを2基取り付けて、さらに大型の発電ユニットまで取り付けたタイプは、船内の冷暖房を可能にし、温水シャワーまで使えるようになっています。
ドライブユニットを備えた船内外機は、中型のクルーザーによく使われます。4~5人のゲストを乗せてクルージングするにはもってこいの船体です。しかも、船内機に比べて船足が早く機動性に富んでいますからダイビングにはぴったりの相性です。
船外機仕様のボートの場合は、外洋の波に翻弄される危険はありますが、船足が早く機動性に富んでいます。船内外機と遜色ないボートもあります。船べりの浅い近場のダイビング専用船は、このタイプ。
安全性に加えて、予算と好みでクルーザーを探しましょう。

関連する記事