ダイバーの体を守ってくれる保護スーツ

水中にも鋭く尖った岩や、トゲを持った生物など、直接肌に触れてしまうと危険なものが多く存在しています。
これらからダイバーの体を守ってくれるのが保護スーツです。
また、長時間潜水することで、体温を奪われることをある程度防ぐ役割も果たしてくれます。
スノーケリングや、浅い水深で楽しむスキンダイビングは水着で楽しむこともできます。しかし、水深の深い場所でおこなうスクーバダイビングでは、保護スーツは必須です。
保護スーツにはおおまかな分類でウェットスーツとドライスーツの2種類があります。用途にわけてこれらを使い分けましょう。
<ウェットスーツ>
内部に水が浸入してくるタイプの保護スーツをウェットスーツといいます。
自分の体型にぴったりと合ったものを選べば、水の浸入は少量です。ですので、より自分に合ったサイズのものを使用することで、より高い保温効果を得ることができます。
小さすぎれば動きが制限されてしまいますし、大きすぎれば多くの水が浸入してくることで体温を奪われてしまいます。
ウェットスーツの機能をフルに発揮するための、自分にあったサイズのものを選びましょう。
<ドライスーツ>
ウェットスーツに対して、一切の水の浸入を防いでくれるのがドライスーツです。
水に直接触れることがないため、さらに保温効果は高くなります。
また、レギュレーターを接続することで内部へ空気を送り込んで浮力を調整することもできます。
一般的なレジャーダイビングではウェットスーツが使用されることが多いですが、ドライスーツを使用する方が安全性は高くなります。
初心者の場合、できればドライスーツを使用したいですが、しっかりと自分に合ったサイズのものを選ぶことができればウェットスーツでも安全にダイビングを楽しむことはできます。

関連する記事